HOME > 東南アジアおみやげ > マレーシア・フィリピン土産 > マレーシア・フィリピンの観光情報
らくらく帰国
商品カテゴリー
チョコレート特集
旅めがね 旅する前の豆知識
価格帯で選ぶ
ご希望の価格帯で、商品を絞り込むことができます。


 
世界のお土産市場のこれ食べました
価格帯で選ぶ
ニュース
ショッピングガイド
「世界のお土産市場」は環境問題に取り組んでいます。
ショップリスト
大人のインテリア雑貨
蝶の標本や昆虫標本の販売専門サイト NatureShop
日本最大級のブリキのおもちゃ取扱い点数・激安ブリキショップ TIN TOYS
マレーシア・フィリピン土産
マレーシア・フィリピンの旅行情報
  マレーシア フィリピン
地理 東南アジアの中心に位置し、マレー半島南部の西マレーシアと、ボルネオ島北部の東マレーシアからなる。国土面積は約33万平方kmで、日本の約9割。国土の約60%が熱帯雨林で覆われている。 東南アジアに位置し、東にフィリピン海、西に南シナ海、南にセレベス海に囲まれた島国。大小7107の島々からなり、インドネシアに次いで世界第2位の群島国家。国土面積は約29.9万平方kmで、日本の約8割。
人口 約2,700万人 約9,400万人
通貨 マレーシア・リンギット(RM)。補助通貨はマレーシア・セン(SEN)。1RM=100SEN フィリピン・ペソ(P)。補助通貨はセンタボ(¢)。P1=100¢。
両替 レートは1RM=26.50円。日本では空港で両替ができる。マレーシアでは空港や銀行、ホテルなどで両替ができる。小さな町に行くときはUSドルを持っていると安心。 レートは1ペソ=約2円。日本では空港や銀行で両替ができる。フィリピンでは空港や銀行、ホテルなどで両替ができる。
祝祭日 1/1(新年)、1/23~24*(中国暦新年)、2/5*(モハメッド降誕祭)、4/11(国王就任式)、5/1(メーデー)、5/5*(ベサク・デー)、6/2*(国王誕生日)、8/19-21*(ハリ・ラヤ・プアサ)、8/31(独立記念日)、9/16*(マレーシアデー)、10/26-27*(ハリ・ラヤ・ハジ)、11/13*(ディーパバリ)、11/15*(イスラム暦新年)、12/25(クリスマス) ※2012年の祝祭日。*は年によって日が変わる。 1/1(新年)、4/5(洗足木曜日)、4/6(聖金曜日)、4/9(武勇の日)、5/1(レイバーデー)、6/12(独立記念日)、8/20(断食明け大祭)、8/27*(国民英雄の日)、10/26(犠牲祭)、11/30(ボニファショ誕生記念日)、12/25(クリスマス)、12/30(リサール・デー)、 ※2012年の祝祭日。*は年によって日が変わる。
気候 1年を通して気温・湿度の高い熱帯雨林気候で、平均気温は24~28度。雨季と乾季があり、マレー半島の東海岸や東マレーシアは11~3月、マレー半島の西海岸は5~9月が雨季。東マレーシアのサラワク州では激しいスコールが降ることもあり、雨量も増す。乾季は湿度が低くて過ごしやすい。 1年を通して気温・湿度の高い熱帯モンスーン型気候で、平均気温は26~27度。雨期と乾季があり、雨季は6~11月、乾季は12~5月。ただし、地域差があり、セブ島では1年を通して明確な雨季はない。
食事 マレー、中国、インドの複合民族国らしく、サテー(マレー風焼き鳥)などのマレー料理、広東料理や福建料理を中心とした中国料理、インド料理、中国料理とマレー料理が融合したニョニャ料理などが味わえる。マレーシアの麺料理ラクサもおすすめ。 フィリピン原住民のシンプルな料理や、スペイン、中国、アメリカなどさまざまな文化の影響を受けたフィリピン料理が味わえる。新鮮な魚介、チキンや豚肉などの肉類を使ったものが多く、豊富な南国フルーツやハロハロなどのスイーツも楽しみのひとつ。
物価 ミネラルウォーター約2RM、ビール1缶約5RM、屋台料理約3RM~ コーヒー(カフェ)P20~40、ミネラルウォーターP5~10、タクシー初乗りP30
交通 クアラルンプールを基点に各都市へ鉄道が整備されている。クアラルンプール市内の移動は、LRT(鉄道)やKLモノレールが便利。バスは路線が多いが旅行者にはわかりにくい。タクシーはメーター制。マレーシア名物のトライショー(人力三輪車)はのんびり市内観光するには最適で、料金は交渉制。 フィリピン国内を効率よく移動するなら飛行機、のんびり旅をするなら船やバスがおすすめ。マニラ市内はタクシーと高架鉄道を使い分けるのが旅行者にはおすすめ。バスやジプニー(相乗りバス)は路線が複雑で、トラブルも多い。トライシクル(オート3輪車)もあまりおすすめできない。
観光名所 王宮、KLタワー、国立博物館、国立回教寺院、ペナン島、マラッカ、キャメロンハイランド、キナバル国立公園 セブ島マクタンビーチ、チョコレートヒル、ライステラス、プエルト・プリンセサ地底河川国立公園
ホテルや宿泊施設 高級ホテルから安いゲストハウスまでさまざまな宿泊施設があり、クアラルンプールには近代ホテルが、ビーチにはリゾートホテルが増えている。ある程度のサービスや質を求めるなら4つ星以上のホテルがおすすめ。キッチンやリビングルームが付いた「サービスアパートメント」と呼ばれるホテルもある。 マニラには高級ホテルやビジネスホテル、ファミリー向けのホテル、カジノホテル、アパートメントホテルなど、さまざまな宿泊施設がある。旅行者には中級以上のホテルがおすすめ。セブ島やボホール島などのリゾート島は、リゾートホテルが中心で、キッチンなどのある滞在型のホテルもある。
お酒とたばこ 国教のイスラム教では、お酒もたばこも禁止されているが、観光客に対する制限はない。空港や冷房の効いたレストラン、公共施設などでの喫煙は禁止。違反すると罰金がある。 お酒とたばこは18歳から。公共の場などでは喫煙が規制・禁止されていることがある。違反すると罰金がある。
歴史 14世紀にマラッカ王国成立し、15世紀にはアラブ圏とアジア圏との交易中継港として繁栄する。大航海時代以降、ポルトガル、オランダ、イギリスの植民地になり、太平洋戦争時は日本が一時占領。戦争終結後、再びイギリスの植民地となり、マラヤ連合を結成するが、反乱がおこり、1957年にマラヤ連邦として完全独立。1963年、マレーシア連邦を成立。シンガポール、東マレーシアのサバ、サラワクを加える。1965年、シンガポールが分離独立し、現在のマレーシアが形成された。 大航海時代、ポルトガルのフェルディナンド・マゼランがフィリピンに来航。その後、スペイン船団も来航し、スペインの植民地になる。19世紀末、フィリピン解放運動がおこり、スペインがアメリカとの戦争で敗れたことで、初代大統領が独立を宣言。しかし、アメリカがフィリピンの統治権を握り、第2次世界大戦中は日本軍が占領。真の独立国家になったのは1946年になってから。その後、強権政治体制などを経て、第11代大統領のコラソン・アキノが新憲法を成立。現フィリピンの礎を築く。
その他の特徴 バーゲンは、F1グランプリシーズンのGPセール、7~8月のメガセール、年末のセービングセールが3大セール。 ダイビングの器材のセッティングやエントリー・エキジットは現地スタッフがサポートしてくれるので安心。
代表的な都市 クアラルンプール、コタキナバル、ランカウイ マニラ、セブ島、ボホール島、ボラカイ島
アクティビティ マリンスポーツ、エコツアー、動植物ウォッチング、ゴルフ、スパ マリンスポーツ、エコツアー、ホエールウォッチング、温泉
ツアー価格の目安 4日間 ¥33,800~ 3日間 ¥39,800~
ベストシーズン 1年中。 3~5月。
アクセス 東京から飛行機で約6~7時間 東京から飛行機で約4時間
PAGETOP